本当に安全?ノンシリコンシャンプーの真実

ノンシリコンシャンプー

シリコンシャンプーが体に悪いのは本当か

ここ数年くらい前にドラッグストアなどのシャンプー売り場には「ノンシリコンシャンプー」という広告文句がひしめく時期がありました。
CMでもシリコンシャンプーを害悪であることをことさらに強調する形で成分を開発するものが数多く登場し、さもこれまでずっと私達が使用してきたシャンプーはひどいものであるかのような先入観を植え付けました。

しかしブームが起こってしばらくすると、やがて「ノンシリコン」ということばかりを売りにするという販売方法はめっきり少なくなり、今ではあまり大々的な売り文句としては使用されなくなっています。

それにしても気になるのが、あれだけ完全に悪者扱いしてきたシリコンという成分があたかもなかったかのようになっている理由です。
本当に全く害がないものであるならば最初から叩かれることはないでしょうし、反対に健康被害があるというものなら今も大々的に排斥活動が続けられているはずです。

結論からいうと「シリコン」という成分は本来無害なものであるのですが、それをどういった成分と合わせて使用するかにより体に与えられる影響が異なってきます。

思い出してもらいたいのが美容整形などで使用される「シリコン」で、女性のバストや顔にシリコンを注入して形を整えるという施術がされていることを考えればシリコンそれ自体が人体にとって影響の少ないものであるということがわかるでしょう。

シリコンは優秀な潤滑剤

そもそもどうして従来までのシャンプーにシリコンが用いられてきたかというと、それは油汚れを落とすことができる界面活性剤の役割を助けるためです。
シリコンオイルがシャンプー剤として用いられるようになった当初は高級材料という扱いを受けていたくらいです。

シリコンオイルは数多くある油の中でも安定性や安全性に優れており、洗浄剤と一緒に使用することにより髪の毛同士の摩擦を防ぎすすぎの時のツルツル感を作り出してくれます。

宣伝を信じてノンシリコンシャンプーを初めて使用してみた人の多くは、シャンプーをしたあとの髪の毛のきしみや絡まり方にびっくりしてしまったのではないかと思います。

なおシリコンといっても一種類だけでなく、よく洗車剤として販売されているものの中に含まれている「高重合シリコン」と異なりシャンプーなど化粧関連品に使用されているのは「低分子シリコン」と言われるものです。

ですのでい一概にシリコンが入っているからよい・悪いというわけではなく、シリコンをどういった方法で用いているかということの方が重要であると言えます。

そもそもとしてなぜシリコンシャンプーが害悪として扱われたかというと、安定性の高いシリコンオイルを多く配合しているシャンプーというのは全体的に洗浄力が人体に使用するには強すぎるので、シリコンオイルを大量に入れることで摩擦を軽減しようという狙いがあったからです。

なので質の良くないシリコンシャンプーを使用した場合、洗い残しがあってシリコンオイルだけが先に落ちてしまうと非常に洗浄力の強い洗剤だけが髪に残ってしまうことになり、これが悪影響を及ぼしてしまうのです。

シリコンシャンプーだから悪いというわけではなく、シリコンオイルにより本来の洗剤性能をごまかしていたシャンプーが悪いというというのが本当の話です。

サロンシャンプーなどはシリコンがない

「サロンシャンプー」と言われる美容室で専用に使用されているシャンプーをみてみると、成分表示にシリコンが含まれていないことがよくあります。
これはシリコンオイルによって効果を調節しなくてもよいよう、人体に優しい界面活性剤を使用しているからです。

ただしそうしたシリコンオイルに頼らない界面活性剤は価格が高く、毎日の入浴に使用するにしてはちょっと贅沢な品になってしまいます。

市販されているシャンプーの中には、安価なシリコンオイルをうまく使用し高いシャンプー効果を出している優秀な製品も数多くあります。

関連する記事