ヘアアイロンの適正温度は?髪が傷む原因

ヘアスタイル

便利なヘアアイロンも温度には注意

寝癖を直したりパーマをかけた髪の毛をセッティングしたりするときに便利に使用できるのがヘアアイロンです。
ヘアアイロンは髪の毛をカールにすることもストレートにすることも簡単にできてしまうので、毎日のヘアセットでは欠かせない存在といえます。

しかし便利なヘアアイロンも使い方を誤ってしまうと髪の毛を傷めてしまうことになります。
ヘアアイロンは「アイロン」という名称がついていることからわかるように、かなりの高温で髪の毛をプレスしていくことになります。
髪の毛は内部に水分を含んでいるため、一気に高温にさらしてしまうと乾燥しパサパサになってしまいます。

特に髪の毛を洗ったばかりで濡れた状態になっているときにヘアアイロンの超高温をいきなりあてると、「蒸気爆発」という急激な温度上昇が起こってしまうのでこれこそ髪の毛を致命的に傷めることになります。

人の体を構成するタンパク質は高温に弱いという特徴があり、さらに髪の毛の細胞は皮膚と異なり一度体の外に出たものはそのままターンオーバーすることなくあり続けてしまうので回復をさせるのが難しくなります。

ヘアアイロンを使うことで大幅に髪質を落とさないためにも、髪の毛がきちんと乾いた状態で使うようにして丁寧に髪にあてていくようにしましょう。

高温で使用をするなら短時間で

ヘアアイロン製品の多くは自分で温度を設定できるようになっています。
最も低い場合でも140℃くらい、高温なら180~200℃くらいまで高くなります。
髪の毛が耐えることができる温度は70℃くらいまでとされているので、仮に低温設定にしていても髪に大きな負担をかけてしまうことになるということは理解しておきましょう。

とはいえ低すぎる温度で使用してはプレス機能を得ることができません。
そこでコツとしては、できるだけ短時間でセットできるように巻き方や伸ばし方を練習しておきあまり何度も同じ作業をしなくてもよいようにしておきましょう。

ヘアアイロンを使い始めたばかりの初心者は高温設定でもよいので、極力1回で終わらせることができるように集中して作業してください。

関連する記事