ツヤツヤヘアーを手に入れよう!ヘアオイルの魅力

ヘアケア

憧れの髪美人を目指せる「ヘアオイル」

髪の毛に関するケア製品はかなり数多く販売されていますが、「ヘアオイル」という言葉はそれほど一般的には浸透していないという感じがあります。

ヘアオイルとは、簡単に説明すれば特定の油脂成分を髪の毛に含ませることにより髪質を向上させていくことができるようにしているものです。
髪の毛や頭皮部分は皮脂がつきやすいので、そこにさらにオイルをつけたりしたらますますオイリーな感覚になってしまうのではないかと心配する人が多いのではないかと思います。

しかし天然成分のオイルは一般的な食用油と異なり、触った感じもサラサラとしていてほとんど化粧水や乳液と同じようなものです。
ヘアオイルの主な役割は髪や頭皮につくことで表面に皮膜を作り、外部からの刺激を防ぎ内部の修復機能を高めるということにあります。

こんな人にこそヘアオイルはおすすめ

ヘアオイルとして使用される素材としては、椿油やオリーブオイル、ホホバオイルやココナッツオイルといったものが代表的です。
天然のオイルは皮膚に触れてもただちにベタつくことは少なく、さらさらと流れていくようになっています。

私達の皮膚は場所によって多少の差があるとはいえ必ず皮脂によって覆われていますので、純度の高い油脂成分をつけたからといってそれが不快な症状になるわけではありません。

むしろ正常な皮脂分泌ができない状態になっている人ほど天然素材の質の良いオイルを肌につけることで肌質の改善を期待することができます。

ヘアオイルの使い方としては、シャンプーが終わったあとのお風呂あがりにオイルをつけて髪や頭皮に潤いを与えるという方法があります。
ドライヤーをする前にちょっとオイルをつけることによりドライヤーの刺激から髪質を守ることもでき、髪質の改善を期待できます。

パーマや染髪により髪質が傷んでいると感じる人にとっては、こうしたオイルによるコーティングはとても有効です。
まずは天然素材のオイルを調べて自分の体質にあったものを探しゆっくり時間をかけて体質にあっているかを確かめていきましょう。

関連する記事