しわ・たるみは消えない?紫外線の怖さ

紫外線

しわ・たるみができてしまう原因とは

30歳を超えた頃から少しずつ気になるようになってくるのが顔のしわやたるみです。
「しわ」と「たるみ」は別々にしていますが、原因となることは全く同じでありどちらか一方だけでなく両方が一緒に進行していくのが普通です。

しわとたるみの原因となるのは肌の内部にある水分が不足をしてしまい、皮膚をしっかり支えることができなくなってしまうということです。
極端な例え方をしてしまえば、水や空気がはいった風船はハリがありますが、中身がぬけてしまうとだらんとゴムがのびたような状態になります。

美容用品としてコラーゲンやエラスチンといったものが販売されていますが、これは皮膚の中にある真皮の部分でもともと入っていたものが減少することによりおこるしわやたるみを防ぐことを狙っています。

さらに年齢が高くなってくるとそれまで筋肉であった細胞が脂肪に変わるということも起こるため、顔の皮膚を支える筋肉量が不足してしまうことでますます垂れやすくなってしまいます。

老化現象であるしわやたるみは防げないか

しわやたるみは年齢が高くなってくると誰の体にも起こるものなので、完全に防ぐということはできません。
しかしながら老化そのものは防ぐことができなくとも、進行そのものを遅らせるということは十分に可能です。
肌老化を招く最も大きな原因は外的要因である「紫外線」です。

紫外線(UVA)は人の皮膚にあたることで真皮のコラーゲンやエラスチンを破壊してしまうので、長時間浴び続けることにより肌の弾力が損なわれてしまうことになります。
紫外線にもUVA、UVB、UVCといった種類があるのですが、中でも最も波長の長いUVAは普通のガラスを通過してくるので、室内にいるから大丈夫というわけではありません。

UVAを防ぐためにはきちんと「UVカット」の機能があるもので身の回りを守っていかないといけません。
UVカット製品としては、日焼け止めや日傘、帽子、サングラス、手袋などたくさんのものがあるので、自分の生活スタイルに合わせてそろえていきましょう。

なお外的要因として無視できないのが過剰なストレスです。
心的なストレスは人の体の免疫力を低下させるという悪影響がありますが、この状態にいる人が紫外線などの刺激を強く受けるとますます肌老化が進行していってしまいます。

しわ・たるみの治療はクリニックで

年齢に伴い一度できてしまったしわやたるみはなかなかよくならないものです。
フェイスマッサージや化粧品でスキンケアなど色々な対策をしてみても、あまり効果が実感できなかったりする場合は、
クリニックへ行って専門医に相談してみるのをおすすめします。

専門医に相談をしてみることで、より的確な対策や治療方法を知る事ができるでしょう。
様々なクリニックがあるなかどこを選べばいいか悩みますが、まずは信頼できる美容外科医から探してみましょう。

関連する記事