「ダイエット履歴書」で自分に合ったダイエットを見つけよう

4色のメモ帳と2本のペン

いろいろ試してもなかなかやせないという時は自分のダイエット法をチェックする

運動をする、カロリー摂取量を減らすなど、様々なダイエット法を試してきたものの、なかなか痩せることがなく、若干あきらめがちになっているという人は結構多いものです。
そのような時は、「ダイエット履歴書」を作ってみると良いでしょう。
この「ダイエット履歴書」とは、どのような方法でダイエットを行っているかを、日付や体重、具体的に行ったことなどを記録していくというものです。

きちんと記録に取って確認することで、間違ったダイエット法をしていないか、体に負担のかかる無理な方法を採っていないかをチェックすることができます。
また、日付を見ながらチェックすることで、時期に合ったダイエットをしているかどうかを確認することができます。

ダイエットをしているにも関わらずなかなか成果が見られないというのには、たいていダイエット法が間違っているなどの理由があるものです。
そのため、しっかりと自分のダイエット法を記録することによって、冷静に分析して正しい方法に切り替えることができるようになります。

体調や時期に合ったダイエットをしているかを確認する

もちろん、「ダイエット履歴書」は、単に記録を付けるだけでは意味がありません。
記録したことを分析して、ダイエット法を変えていくということが最も重要なポイントとなります。
そのために考えたいポイントとしては、ダイエットすることによって体調が悪くなっていないかということです。

無理な食事制限をするなどの間違ったダイエットをすると、急に疲れやすくなったり冷え性がひどくなるなど、体調に変化が出ます。
そのため、履歴書には体の状態も記入するようにして、ダイエットが正しいものなのかどうかをチェックすることが大事です。
そして、ダイエットをすることによって、体調が悪くなっていることが明らかであれば、その方法は自分に合っていないということになりますので、すぐに他の方法に変える必要があります。

食事の中身なども分析してみる

ダイエットというと、とにかくカロリーを減らすということばかりを考えて、肉や魚類を全く食べなくなったり、食事の量を極端に減らしてしまったりする人がいます。
しかし、毎日の活動を支えるためには、たんぱく質を始めとする栄養素は欠かせないものですし、オリーブオイルなどの良質な油の摂取は逆に積極的にすべきことです。
そのため、食生活についても記録をして、しっかりと栄養豊かなものを食べているかを見ることはとても大事です。

体を活発な状態にして、脂肪を燃焼させることによって効果的なダイエットが可能になり、美しい体を手に入れられるようになりますので、健康的なダイエット法を摂ることが求められます。
そのためにも、自分のダイエット法が正しいものかをチェックして改善するようにしましょう。

関連する記事