ダイエット中のドカ食いはしてもいいの?

食べ物の誘惑に悩む女性のイラスト

ドカ食いしたくなるのは精神的なストレスが原因のことがほとんど

ダイエットを続けていると、ある日突然ドカ食いしたくなることがあります。
食べたくなるものはその時々で異なりますが、ほとんどの場合は、こってりとしたものや甘いものなど、ダイエット中には控えないといけないものばかりです。
当然、そのようなものを食べるとカロリーオーバーとなりますので、食べてはいけないとは思いつつも、欲求がかなり強くなってしまうことがあります。

そのようなドカ食いの欲求のほとんどは、精神的なストレスが溜まっている時に起こります。
食べたいものをずっと我慢してきて、その我慢が限界に来ている時や、仕事や家庭の問題でかなり参っていて、どうしてもそのストレスを発散しないといけないという時などがあります。
体が欲しているというよりも、精神的な要素が多いということを覚えておくと、ドカ食いに対処するためにはどうしたら良いかがよく分かります。

不必要な我慢はしない方が効果的なことが多い

急にドカ食いしたいという欲求が湧いてきたのであれば、基本的にはその時だけは我慢せず食べた方が長期的に見て良いと言えます。
前述の通り、ドカ食いは精神的なストレスから来ていますので、不必要な我慢をせずに、そのストレスを発散させた方が、次の日からのダイエットをしやすくなるのです。

その際には、余計な配慮をせずに食べたいものを食べると良いでしょう。
食べたいのはこの料理だけど、カロリーが多いから他のものにしようと遠慮してしまうと、逆にストレスが溜まってしまうことになって、またすぐにドカ食いの欲求が湧いてきます。
こうしたことを避けるためには、ここでも不必要な我慢をしないという原則を当てはめることができます。

普段からの注意がとても大事

このように、ふいにドカ食いをしたいという気持ちに襲われる時は、無理にその欲求を我慢せずに、ストレスを発散させてあげた方が長期的に見て良い結果につながります。
しかし、当然のことながら、それがしょっちょう生じるようであれば、単に意志が弱いということか、ダイエットの方法がまずくて体や精神的に何らかの不調が出ているということかもしれません。
そこで、普段から健康的なダイエットをするということを意識することが重要です。

過度な食事制限をするのではなく、必要な量のカロリーはしっかりと摂って毎日の活動の妨げにならないようにすべきです。
また、たんぱく質やビタミンなどの体の組成に必要な栄養素をきちんと摂るようにして、体の調子が落ちないような食事の内容を心がけることも欠かせません。
食事を減らすことだけでなく、積極的に運動をして筋肉を付けることによって脂肪を燃焼させるサイクルを身に着けることもポイントです。

関連する記事